PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Play BGM

ヴァイオリニスト松尾依里佳さん
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    ドキュメントスキャナー DR-2050Cを買いました その2
    0
      昨日の続き

      キヤノンDR-2050Cを購入して一つ心配事がありました。
      それはパソコンとの接続がUSB2.0で行われることです。
      しかしボクのパソコンはまだUSB1.1なのです。果たしてどうなるのか。

      まずは古い3DCGソフトの解説本でためしてみることに。
      今は使わないソフトなのですが、作例が好きで捨てられないでいました。
      オールカラーでページ数は270ページほどあります。

      まずは本の解体。
      ページが背の部分でのりづけされているので、1枚ずつはがしていきます。
      背の部分を一度に裁断する装置があれば楽なのですが・・・。
      やっていくうちにだんだんきれいにはがせなくなってきます。
      ページの背の部分はついにがたがたに。
      いちいちカッターで真っ直ぐ整えていく手間はいやなのでそのままでいきます。

      枚数は135枚におよびます。一度にはDR-2050Cにセットできないので、
      4回に分けてセットすることにしました。
      専用ソフトを起動して、用紙サイズを指定します。
      解像度は数字が大きいほどいいのですが、時間がかかるので迷うところ。
      とりあえず24ビットスムーズカラーの240dpiでやってみることにします。

      さあ、スキャン開始。

      USB1.1でも無事動いたー。
      ただ、パソコンへのデータ転送が遅れるのか、
      1枚をスキャンするのに3回程度一時停止が行われます。
      でもすぐに動き出すので、遅くていらつくほどではありません。

      原稿がなくなったら続きをセットをする必要がありますが、
      それ以外は機械に任せっきりで終了。
      1時間ほどかかりましたが、USB2.0でやればもっと早かったのかな。
      動作音は気になるほどではないので、テレビでも見てればOKです。

      保存はPDFとして直接書き込まれるのでいちおうそれで終了。
      しかし、今回は原稿を追加するときにミスって、ダブってスキャンさせた
      ページがあります。それを削除しておかねば。

      付属のソフトでページの削除ができるのでそれをやります。
      しかしやってみると、たった1ページ削除するのにえらく内部処理で
      時間がかかるぞ。ソフトがハングアップしたのかと思った・・・。
      これでは、はっきりいってPDFの編集には使えません!

      そこで、同梱されているAdobe Acrobat 7.0 Standardをインストール。
      こっちはどうかというと、さすが本家ソフト。あっという間に削除ができました。
      スキャンは専用ソフト、ページ編集はAcrobatで、ということで理解。

      さて、ここでDR-2050Cに対する辛口の批評もしておきます。

      辛口1
      黒っぽい用紙だと誤認識してします。
      このスキャナは読み取り部分へ次々に原稿を送るために、ページのはじまりを
      センサーで認識しているようです。光を照射して、紙に反射して戻ってきたら
      紙があるという判断なのでしょう。
      しかし、黒地や暗い色のページだと光をセンサーが感じないために
      紙がないものと誤認されてしまい、ページの一部分が欠けてしまいます。

      辛口2
      原稿の傾き。
      原稿をセットするガイド部分がゆるいために、
      用紙が傾かないようにガイド板を合わせておいても、だんだん開いてきて
      原稿が傾いてしまいます。ストッパーを自作する必要がありそう・・・。

      辛口3
      厚い原稿を読み込むことが出来ない。
      最初に試した書籍では表紙が途中で詰まってしまい、読み取ることが
      できませんでした。その部分はフラットベッドスキャナが必要かなー?

      しかしながら、こういうスキャナはとても便利だと思いました。
      几帳面な人なら1ページずつ補正せずにはいられないかもしれませんが、
      (原稿の傾き補正機能などがソフトに備わっているが完全ではない)
      どうせ見るかどうかもわからないような原稿なら、
      ほとんどワンタッチでPDFになるのは感動ものです。
      今回取り込んだ書籍はわずか17MB程度のファイルに納まってしまいました。

      ・・・結局、昨日と今日で書籍2冊、月刊誌5冊をスキャン。
      本の山がなくなるのはまだまだ先のことになりそうですねー。
      posted by: まっきい | パソコンとか | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 23:13 | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://mackey.jugem.jp/trackback/23
        トラックバック